失明しないための緑内障対策【健康な目を保つ治療技術】

医者と看護師

目に影がうつる病気

ストレスを感じる病気

眼精疲労

高齢になるにつれて、飛蚊症という目の病気になる方が多くいます。この飛蚊症とは、目の視界に糸くずや蚊のようなものが常に見える症状です。視点を変えても、糸くずは一緒についてきます。そのため、患者の中には強いストレスを感じる方も多く、ノイローゼを患う方もいます。飛蚊症の主な要因は、加齢や強度近視などで目の内部を満たす硝子体が混濁することで起こります。また、近年の携帯などを過剰に使用することで、目を酷使することも要因のひとつといえます。その他にも、網膜剥離の初期症状、糖尿病網膜症の症状として現れる場合もあります。特に網膜剥離だった場合、発見が遅れれば失明する危険性もあります。なので、少しでも目に異常を感じたら、すぐに眼科の受診が必要といえます。

病気の具体的な治療法

飛蚊症は、目の視界に常に影があるのでストレスを感じる病気です。眼科で治療しようにも、残念ながら今の医療では治療方法は確立されていないのが現状です。なので、眼科医に診てもらっても、気にしないように言われることが多いです。また、インターネットで効果的な治療方法として、毎日目薬をさすことと紹介されています。しかし、これは偶然、目薬をさしたタイミングで、飛蚊症が改善しただけだと考えられます。なので、目薬には飛蚊症の治療効果は全くないです。治療方法がないので、飛蚊症を予防することが大事です。そのためには、寝不足や、パソコンなどで目の使いすぎを防ぐことが肝心です。その他にも、ビタミンや鉄分など目を休める栄養素を摂ることが大事です。