失明しないための緑内障対策【健康な目を保つ治療技術】

医者と看護師

あおそこいという眼病

40代からが危険

目

あおそこいという別名があり、眼病の一種である緑内障のことはご存知でしょうか。この疾患は40代からの発症例が多いので、若さや体力に自信があっても油断できません。どのような疾患かというと、網膜神経節細胞が死滅する進行性のものです。視神経の変形と、視野の異状がおこります。視野の異常すなわち視野の欠損が、徐々におこるのですが、非常に自覚しにくいです。両目が一緒に視野の欠損がおきるわけではないので、良い方の目がカバーしてしまいます。このために実際には、欠損している部分があるのにも関わらず通常通りに見えてしまうのです。現在の医療では、欠損した部分を元通りに戻す治療方法はありません。したがって気づくのが、遅れれば遅れるほど失明してしまう確率が高いのが緑内障の恐いところです。

不安なら眼科で受診を

少しでも気になったり、見えていないことに気づいたらすぐに眼科を受診することです。まずは問診から行って、検査をしてくれるでしょう。眼圧検査・眼底検査・視野検査・画像検査などがありますが、どれも痛みもなくおわります。検査と問診だけで、すぐに緑内障と断定されるわけではありません。眼圧が高い、視野が欠けている、視神経に異状が出ているといった条件が揃ってからです。これらの条件が、三つ揃ってからさらに詳しい検査が行われます。緑内障の治療方法は、眼圧を下げ一生管理していくことです。薬物療法・レーザー療法・手術療法などその時の進行具合に、合わせた治療方法で進行を止めます。できるだけ早い段階で気づくのが、失明を防ぐことになります。自宅で簡単に緑内障のセルフチェックは、できるので常に習慣としておきましょう。